ある日からフィレオフィッシュの魚に塩を振らなくなった。 マニュアルが変わったそうだ。 食べた店長や社員は
「まあ、元々隠し味的なものだし、味も変わらないねw」 と言ってたが、
普段あまり食べない俺は、すぐに気づいた。 これ気付かないってマジかよ?と思ったが、
この人達もサラリーマンだから 会社の方針には逆らえないんだろうと思った。 それから数年後、
朝マックのイングリッシュマフィンにバターを塗らなくなった。 代わりに変な匂いのするオイルをスプレーで吹き付けろと言う。 会社がやった調査では、
これを吹き付けたら食感は変わらないそうだ(味は?) それから数年後、
パンを焼くトースターが変わった。 ビッグマックの真ん中のパンは片方しか焼けなくなったが、
味は変わらないらしい。 以前のトースターの35秒より恐ろしく早く、4秒で焼ける。 4秒で焼けたパンを食べた時、泣きそうになった。 当たり前だが焼けてるのは表面だけで、
しっかりパンを焼いた時に出る甘い香りは全く消え失せていた。

【マック没落】長年勤めてたバイト君の告白が切ない(´・ω・`)|もえるあじあ(・∀・)

(200manから)

若林「あとTwitterと言えばね、オリラジの藤森くんがラーメンを食ってて、藤森くんを見ながらケータイで打ってる人がいたんだって。男性がね。 Twitterって、『藤森』で検索すると、リアルタイムで書かれたコメントが出てくるんだって。それで、打ってる感じからしてTwitterやってん じゃないかって思って、藤森くんが検索したんだって」

春日「うんうん」

若林「『今、藤森が目の前で飯食ってます、なう』 的なことが書かれてたんだって。それで、藤森くんが『目の前で食べてる人ですよね?』って書いたんだって。そうすると、色んな人がそのコメントを見られる から、その男の人のコメントを見ている人が、何万人って数になっちゃって、『芸能人にもプライベートがあるから、そう言うこと書くな』って人もいるし、と にかくその人に山のようにコメントが届いたんだって」

春日「うんうん」

若林「最終的に、その人から藤森くんにコメントが届いて、『藤森さん、僕はどうすれば良いのでしょうか?』ってきたんだって」

春日「ふははは(笑)迷っちゃった。そんなに来るんだ。飯食ってる間だから、10分くらいのことでしょ。そんなに動きがあるんだ」

若林「そう」

オードリー若林が語る「Twitterによる弊害」 | 世界は数字で出来ている (via kogumarecord)

藤森はまだやさしい。ピエール瀧は、検索してからプロフィールを見て(けっこう実名が出てることが多いから)、離れ際に耳元で「○○くん、オレのほうが年上なんだから呼び捨てにしないでよ」ってリアルにつぶやくらしい(すいません、つぶやく具体的な内容は忘れました←何か、他の話とごっちゃになってるかも)。たいてい、即座に「あわわ、ごめんなさい」って謝ってくれるそう。何カ月か前のロッキングオン・ジャパンより、記憶に基づき引用

(via scsa)

(quote-over100notes-jpから)

hizayamasan:

このスレにいる人ならWGIPは知ってると思うけど、具体的な禁止事項が知りたい人は 
「GHQ プレスコード」でぐぐってみれ。 


853日出づる処の名無し2014/10/19(日) 22:45:25.26 ID:cKU/cY8i.net
»826 
これですね。 

png large

*補足
削除および発行禁止対象のカテゴリー(30項目)


江藤淳の調査によって、アメリカ国立公文書館分室の資料番号RG331,Box No.8568に
A Brief Explanation of the Categories of Deletions and Suppressions,dated 
25 November,1946が保管されていたことがわかった。

この「削除と発行禁止のカテゴリーに関する解説」において次のような具体的な検閲の対象
カテゴリーが30項目も規定されていた。検閲では以下に該当しているか否かが調べられた。


1.SCAP(連合国軍最高司令官もしくは総司令部)に対する批判         
2.極東国際軍事裁判批判         
3.GHQが日本国憲法を起草したことに対する批判         
4.検閲制度への言及         
5.アメリカ合衆国への批判         
6.ロシア(ソ連邦)への批判         
7.英国への批判         
8.朝鮮人への批判         
9.中国への批判         
10.その他の連合国への批判         
11.連合国一般への批判(国を特定しなくとも)         
12.満州における日本人取り扱いについての批判         
13.連合国の戦前の政策に対する批判         
14.第三次世界大戦への言及         
15.冷戦に関する言及        
16.戦争擁護の宣伝         
17.神国日本の宣伝         
18.軍国主義の宣伝         
19.ナショナリズムの宣伝         
20.大東亜共栄圏の宣伝         
21.その他の宣伝         
22.戦争犯罪人の正当化および擁護         
23.占領軍兵士と日本女性との交渉         
24.闇市の状況         
25.占領軍軍隊に対する批判         
26.飢餓の誇張         
27.暴力と不穏の行動の煽動         
28.虚偽の報道         
29.GHQまたは地方軍政部に対する不適切な言及         
30.解禁されていない報道の公表

http://www.weblio.jp/wkpja/content/プレスコード_プレスコードの概要

【GHQによる検閲】削除および発行禁止対象のカテゴリー(30項目)『(8)朝鮮人に対する批判』『(9)中国に対する批判』

(nandatoから)

iheartmyart:

Studio Visit with Graham Day Guerra
Bushwick, Brooklyn, New York

iheartmyart was invited by artist, Yale MFA graduate and RISD professor, Graham Day Guerra to visit his studio to talk about his latest work and studio process. 

Readers will recognize Guerra’s earlier series works that include Athlete AscensionVirgin Assumption and Alpha and Omega which capture a conglomeration of athletic bodies suspended above stadiums and other industrial spaces. These masses of human bodies were composed initially using digital 3D technology software, then rendered on paper by hand in graphite and charcoal. 

_____

iheartmyart: Tell us about some your earlier works that include Athlete AscensionVirgin Assumption and Alpha and Omega.

Graham Guerra: I grew up Catholic; looking at images of saints ascending, or Jesus on the cross. As a consequence, I grew very fond of the aesthetic representation of the human body. 

Another part of my inspiration for this period of work also came from Leni Riefenstahl’s film, Olympia and her aestheticization of the human body. In Olympia, the human body is represented in the same way minus the cherubs and the garb of the Mary and the saints, the blood, etc. 

I think of the bodies in my work as a modern representation of the idolised religious mythic quality that Riefenstahl imbued into the bodies of the athletes in her films. Also, the modern day stadium as akin to the space where people experienced religious fervour in the past. 

I never felt that religious fervor but I have felt that there is something similar in experience of the stadium at night. 

iheartmyart: I can see what you mean. In the modern day sporting events, that take place in stadiums like the one that you have depicted in your work, there is typically that hole in the ceiling where a figure could be raised up to the sky. Similar to the way we metaphorically raise the sport players up to this same deity status of celebrity.

The work I see around the studio is a bit different. Tell us about some of these pieces. 

Graham Guerra: Some of my recent work layers architectural floor plans of religious spaces with scientific illustrations from educational text books.

I wanted to use these illustrations in ways that they were never intended to use. I like the idea that art makes a mess of things and can be used to aestheticize things. They don’t have to be right. They can be totally wrong. 

iheartmyart: In some ways, it is the modern experience of being an adult. Where we have to shift through concepts and have to formulate our subjective opinion. 

Do you feel like this work was influence by your teaching?

Graham Guerra: Maybe a little bit. But more just how I reflect upon my own learning or mislearning. I was very interested in science as a kid. I would have been a scientist if i hadn’t gone into the arts. Both my grandfather and father were scientists. 

Most recently, I have been doing the same layering of the illustrations but moving away from the high contrast. I have been creating works with gold leaf and exploring the role that the patina places in portraying the effects of time.

iheartmyart: Were you concerned with the contrast because you felt that within the layering that some meaning was being lost? 

Graham Guerra:  In the end, I think when making artwork, as much as one might like to control it, so much of the learning comes from making stuff with your hands. I knew I wanted it to be different that the previous pieces. 

Many times, I think about materials as metaphor. My criteria for particular works is, what type of relationship do these materials have with the subject matter? In the case of these pieces, I was thinking about carbon as the basic building block of organic life. A lot of these things have to do with the human body as the starting point for different measurement systems. You can see this one pieces it starts off with architecture and moves up to the solar system; this other piece shows the scales of the human body, moving from Vitruvian man, carbon atom, an animal cell and different shakras. 

The most recent pieces are related to the organic natural of things and I used silver to achieve something more elemental in the material. I am experimenting with that now. 

iheartmyart: Thank you for sharing. 

____

See more on:
♥ iheartmyart | facebook | twitter | instagram | flickr | mailing list pinterest  

More Graham Day Guerra on iheartmyart.
More studio visits on iheartmyart.

____

If you would like iheartmyart to visit your studio, please contact us. 

(baikukenから)

「アスタ・マニャーナ」といえば、日本人はなまけもののスペイン人のよく使う言葉だと思っているだろう。とんでもない。例えば日本人が銀行に行って換金を頼んでも「アスタ・マニャーナ」。“今日は終わり、また明日おいで”と言われる。

なんてなまけものだと日本人は思うが、実はこの後に「シ・ディオス・キエレ」と続く。「アスタ・マニャーナ、シ・ディオス・キエレ」。これは「もしも神様の思し召しで明日も私とあなたが生きていたらお目にかかりましょう」という意味。

スペイン人はベッドに寝ても、明日の朝、目が覚めるとは思っていない。ここに、昨日も明日もなく、今日しかないんだという考えがある。

だから今日を精いっぱい楽しんで生きようとする。日本人は10年も、何年先でも、自分は生きていると思っている。それはたんに生きているだけではないか。

#007 昨日も明日もない。あるのは今日だけ。 | mammo.tv (via motomocomo)

(pfmusiqueから)

ヒッチコックがフランスの田舎を移動している時の事、若い男女がレンガの壁に向かって立っており、良く見ると男は放尿していたが、若い女は男の腕をしっかりと掴んだまま、「行為」を眺めていた、というのである。
これを見てヒッチコックは「まったく愛の現場そのものを見る思いだった、これこそ、本当の愛のすがただと感じた」と語っています。

わくわくおじさん日記:愛と放尿 - livedoor Blog(ブログ) (via gwendoline) (via naotake) (via gkojax) (via pfmusique)

Fixed. theme by Andrew McCarthy